這個頁面上的內容需要較新版本的 Adobe Flash Player。

取得 Adobe Flash Player

ステンレスシリーズの紹介

ステンレス鋼は、腐食に強く、形状、粘りの強さ、などの優れた能力をもっている。重工業産業や軽工業産業に対して効果があり、需要が見込まれている。

ステンレス鋼で最も使用されるのが、 SUS303、 SUS304、そして SUS316です。なぜなら、それらの工具は腐食や粘りに強く、高度な性能を持っているからです; 被削材の硬度及び、チップ排出の際、ラジアスに問題を抱えているが、それらの問題は、切削加工をより困難にしている。

ステンレス鋼、被削材、コーティング及び形状の設計は、それら問題を克服するためのキーとなる。

下記は、DHFのステンレス鋼切削シリーズの実例である。

1.ステンレス鋼切削用シリーズは、チップ排出をスムーズにするだけでなく、高硬度の被削材の問題を減少する。
2.ほとんどのステンレス鋼のフライス加工は、湿式で、適切なコーティングはG10である。
3.高いねじれ角と溝、及び防振設計; 高性能フライス加工の際、切削速度は100-200m/min、そして溝加工と側面加工で1Dのフライス加工が可能。

お客様がエンドミルの選定に関して異なる要求をしたとしても、我々の加工及び工具寿命に基づいた推奨表をDHFは持っている。

第一選択
<UPZ>  <UTH>  <UTHR>  <UPS>  <UPJ> <WWB>
第二選択
 <UPE>  <UPER>  <UPG>
第三選択
 <ETH>  <ETB>  <RTB>  <WWA>

 

 DHF技術センター著

戻る
技術情報 よくある質問(FAQ) DHF 推奨