這個頁面上的內容需要較新版本的 Adobe Flash Player。

取得 Adobe Flash Player

高硬度鋼の高速高送り切削 マシニング荒加工の救世主 UEYRシリーズ

高品質とは、高硬度鋼を切削できることがポイントとなります。通常の機械加工と比べ、厳しい条件下での加工となるため、工具寿命が求められます。
DHFでは、被削材 HRC50から60を荒加工することができるUEYRシリーズを開発しました。
それは、高速切削及び高性能加工の結果が示しています。
下記は、DHF技術センターからの加工サンプルの紹介です:

<デモ1>: 高速切削
被削材:JIS:DKD61//DIN:1.2344(HRc52)
被削材サイズ:80x80x30㎜
加工工具:UEYR1010(Φ10*R1㎜)
加工動き:Aは高速切削にて溝切削。
Bは高速切削にて側面切削。
切削条件:回転速度は(S)、送りは(FEED)、切り込み深さは(Aa)と(Ap)です。
下記切削条件表を参考にしてください。

Lable Type No. Extension
Lengt

Cutting Speed
(m/mi)

Speed
(min~1)
Feed
(mm/min)
Cut of
depth(Aa)
Cut of
width(Ap)
Coolant Type Milling Type
A  UEYR1010  28mm 270   8600 6000  0.4   10  Dry  Roughing-Slotting
B  UEYR1010  28mm 345  11000 6000  10  0.6  Dry  Roughing-Side milling

合計加工時間:3分

 

                                                                      <デモ1>

 

<デモ2>: 高効率加工
一般的に高硬度の被削材は高効率な加工が出来ません。
更に低速回転しか対応していない工具が多いのが現状です。
しかし、UEYRは、刃形状が特殊な為、標準的な加工条件の上限を上回り、高速切削が可能です。
下記は、被削材SKD61 HRC52の側面加工のサンプル写真です。

                                               <デモ2>

 

デモ1とデモ2の加工映像は、DHFのオフィシャルサイトにてご覧いただけます。

著 DHF 技術センター

戻る
技術情報 よくある質問(FAQ) DHF 推奨